【レシピ】ポークカレー

豚バラカレー

こんにちは、コリアンダーなっちゃんです。
なんとこの投稿、記念すべき10投稿目です。まずここまで続いた自分を褒めてあげたいです(早い)
フォーマットがバグったり、デザインが見にくかったりと初心者丸出しのブログをここまで見てくださった皆さん、ありがとうございます。
これからもスパイスカレーをたくさん発信していくので、どんどん見てください!!
ちなみにTwitterでも色々と発信しているので、フォローお願いします☺ ↑は前の記事を宣伝したツイートです。この機会に前の記事もチェックしてください!!!!!!!
今日は入りからだいぶうるさめなので、箸休めにかわいい猫を貼っておきます。
<a href="https://pixabay.com/ja/users/Dimhou-5987327/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2536662">Dimitri Houtteman</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=2536662">Pixabay</a>からの画像
ローズマリー(違う)を愛でています。
話が500度ぐらい逸れましたが、、、
本日は豚バラカレーを作っていきたいと思います!
日本のカレーにも土地柄があるそうですね。私が住んでいる関西は牛肉を入れるのが主流らしいですが、我が家では豚肉をカレーに入れていました。
ということで今回は豚バラカレーを作ってみました。
家庭の味をスパイスで再現してみたのでご覧ください◎

材料(2人分)

玉ねぎ 1個
にんにく 1片
しょうが 10g
豚バラ肉(薄切り) 200g
トマト缶 200g
クミンシード 小さじ1/2
☆コリアンダー 小さじ2
☆ガラムマサラ 小さじ1/2
☆チリペッパー 小さじ1/2
☆塩 小さじ2
水 200ml
サラダ油 適量

作りかた


1.玉ねぎを薄切りに、にんにくとしょうがをみじん切りにする。 2.フライパンにサラダ油を敷き、クミンシードを中火でパチパチするまで炒める。 3.にんにく、しょうがを加え、中火で少し変色するまで炒める。 4.玉ねぎを加え強火にし、プレーリードッグ色になるまで木べらでつぶしながら炒める。
<a href="https://pixabay.com/ja/users/127071-127071/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=393125">Frauke Feind</a>による<a href="https://pixabay.com/ja/?utm_source=link-attribution&utm_medium=referral&utm_campaign=image&utm_content=393125">Pixabay</a>からの画像
かわいい動物の写真をあげたいだけです
5.ペースト状になってきたらトマト缶を加え、中火で水分が飛ぶまで炒める。 6.☆を加える。中火で炒めながらなじませる。 7.水を加え、中火で煮る。 8.しばらくたったら豚肉を加える。沸騰するまでは中火で、その後は弱火で20分ほど煮込む。 9.火を止めて5分ほど味を馴染ませ、完成!!

実食

豚バラカレー
上の緑はパセリです
完成しました!!
今回は贅沢にお肉をたくさん載せています◎
家庭の味をスパイスから作るということで、スパイス感が強い香りを発するカルダモンやクローブ、ローズマリーなどは入れていません!
ということで食べてみましょう。

…お肉が柔らかい!!
固くなるかと心配していたけどちょうどいい火の通り加減!!
そしていつもよりちょっと家庭よりの味…??
という感じでした。最近スパイスカレーばかり食べていてルーから作ったカレーを食べていないので味を若干忘れてしまいました。(笑)
豚肉は火を通しすぎると固くなるので、煮込みすぎには注意です。

まとめ

今回は家庭の味っぽいものを作ろうということでポークカレーを作ってみました。
関東にお住いの方はこんなカレーを幼少期食べられていたのではないでしょうか??懐かしい気持ちを味わいたい方は是非作ってみてください◎ いろいろと作ったカレーを紹介してきましたが、最近スパイスの勉強も始めたのでスパイスメインの投稿も増やしていこうと思っています!
スパイスの効能などについても、前の記事よりもっと詳しく書いていくつもりです。見てください!
それではまた次回!!